スクラブが医療現場で着用されるようになるまでの歴史を知ろう!おしゃれな白衣をお探しならuniform UNITED ARROWS

スクラブとは、首元がV字に開いた半袖の白衣のことをいいます。近年では着やすさや動きやすさが評価され、多くの医療現場で導入されるようになりました。かつては医療現場のユニフォームといえば、医師はロング丈の白衣スタイル、看護師はワンピーススタイルにナースキャップといった姿が一般的でした。

現在のようにおしゃれでスタイリッシュなスクラブ白衣は、いつごろ開発され取り入れられるようになったのでしょうか。今回は、医療用ユニフォームやスクラブ白衣の歴史について探っていきます。おしゃれなスクラブ白衣をオンラインショップでお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

医療現場でスクラブ白衣が着用されるまでの歴史

白衣の女性

医療用ユニフォームの起源は、中世ヨーロッパ時代にまでさかのぼります。

ヨーロッパでは、教会で神の教えを説くシスターたちがケガ人や病人の看護を担っていました。シスターの衣服といえば、丈の長いものを思い浮かべる方が多いと思います。

それと同様に、修道女のロング丈のワンピースに白いエプロン、そしてベールが、当時のナースの一般的な制服でした。クリミア戦争などの歴史的な戦乱でも、ナースたちはワンピースやエプロンといった姿で看護をしていたそうです。

日本においても、明治時代以降のナースはワンピースにナースキャップという姿で看護をしていました。おしゃれなワンピースタイプの看護服は、戦後まで使われ続けたとされています。

医師や看護師がパンツスタイルの衣服を身につけるようになったのは、1970年代に入ってからです。この時期になると医療用ユニフォームの機能性が重視され始め、次第にレディースのスカートタイプのユニフォームや看護師特有のナースキャップは影を潜めていきます。

スクラブが医療現場に導入され始めたのは、1990年代以降のことです。「リラックス感のある白衣が欲しい」というニーズの高まりから、最初にスクラブを導入したのはアメリカの医療機関といわれています。

アメリカ国内の小児科で、カジュアルかつ使いやすいスクラブが導入されると、その評判のよさからスクラブはあっという間に世界中に広まりました。日本にもこのタイミングで、スタイリッシュなスクラブを使う文化が浸透していきました。

「患者さんに緊張感を与えない白衣があればいいのに」、「衛生面や安全面に配慮した医療用ユニフォームを導入したい」といった医療現場の声をうけ、現在でもスクラブのスタイルや機能性はどんどん進化しています。今後もより使いやすいスクラブが数多く開発され、多くの医療機関で導入されていくことでしょう。

uniform UNITED ARROWSでは、動きやすさを徹底的に追求した質の高いスクラブを数多く取り扱っています。スクラブとは医療用の白衣です。サイズもカラーも豊富なスクラブ白衣をぜひチェックしてみてください。

オンラインショップでおしゃれな白衣をお探しならuniform UNITED ARROWS

手のひらに電球マーク

現在、多くの医療現場に広がりつつあるスクラブ白衣。実はこのスタイルのユニフォームが使われ始めたのは意外と最近のことなのです。

医療用のユニフォームを開発・販売する多くのブランドは、今後もよりおしゃれで動きやすい、進化したアイテムを次々生み出していくことでしょう。

uniform UNITED ARROWSでは、「医療に携わる方にとって本当に使いやすいユニフォームとはどんなものだろうか」と、チームが一丸となって研究開発を重ねています。そんなこだわりが詰まったスクラブ白衣をぜひお試しください。

療現場のスクラブ白衣を選ぶならuniform UNITED ARROWSへ

サービス名
uniform UNITED ARROWS
住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目11−11 グリーンファンタジアビル603(MAP
電話番号
03-5220-7128
メールアドレス
uua-info@unixtokyo.jp
ホームページアドレス
https://uniform-united-arrows.com/?mode=f5
代表者
代表取締役 堀 和博
事業概要
  • オリジナルユニフォームの企画・制作・販売
  • アパレルブランドの運営
  • セレクトショップの運営
  • ウェディング小物の企画・制作・販売